【やってみた】空物ラジコンへの誘い(準備編)

こんにちわ。
房総半島はここ数日一気に気温が上がって、めっきり春らしくなってます。
いわゆる絶好のラジコン日和といった感じです。

さて、私陸モノラジコン歴は30年以上になりますが、空物に関してはど素人。
※陸モノラジコンで意図せず飛ぶ事は何度もありました・・が(笑)

そんな私も、意を決して空物にチャレンジしてみようと思います。
果たして・・どうなることやら・・。

さて、機器選定ですが、今回はなるべく簡単に安価に飛ぶ事を優先に選定。
となると、しっかり完成してある完成済みの機体が良いだろう・・。
ということで、人気のホライゾンホビー製の機体から選定しました。

私・・完全に見た目だけで選んでいます。複葉機は難しいらしいのですが・・。
このシリーズ、メカ組み込み調整済み、ジャイロも入っていてプロポとバインドするだけで
すぐフライトできる優れもの。安価な価格も魅力です。

これにプロポは「Dxe」を選定。Dxeはこの値段で6~9chまで対応。
専用ケーブルにてスマホやPCと接続すれば、各種設定も可能のコスパ高いモデルです。

DXe 6~9ch DSMX 送信機, TX のみ(当店オンラインショップより)

あとはこれに各種機体にあわせたバッテリーが必要になります。

今回はこれを用意しました。2セル240mAです。
この機体シリーズのコネクタは特殊なタイプとなっており、
いわゆるJSTポートではありません。(ハイペリオンタイプ)

なので充電に際しても変換コード等が必要となります。

今回はJSTポート用変換ケーブルを用意しました。バランス端子もついています。
ですのでリポのバランス充電可能です。

さて、機体開封・・。

当然ですが、完成済みで入っています。英文ですが説明書も付属します。


今回の機体は大きさ的には1/10ラジコンカーと比べるとこの程度。
大きい方が安定するんだと思いますが、その分飛ばす場所も制限がかかりますので、
今回はこの大きさからやってみたいと思います。


う~ん・・かっこいい・・(かっこいいは正義)


機首のバッテリースペースですが、マグネット留めとなっております。
脱着も簡単ですし、スケール感を損ねないのがいいですね。


プロポ開封~電池も入ってました。これはうれしいです。


パソコンやスマホとの接続に関しては、日本語説明書が付属しています。
ですが、接続には別売の専用ケーブルが必要です。

さて、機体と送信機のバインド作業ですが・・。

その前に・・。

送信機のスロットルレバーは必ず下げておいてください。
不慮の動作でいきなりプロペラ回るのは危険です。
その後、まず機体にバッテリーを接続します。

その後に、プロポのバインドボタンをおしながらプロポの電源ON。

すると簡単にバインドできました。
一度バインドしてしまえば、もうバインドの必要はありません。


これで、準備完了!ここまでは簡単ですね!
さて・・フライト準備は整いました。

飾っておくだけでも、様になるのがこのシリーズの魅力ですね。

かっこいい~(2回目)

時間がとれたら、初フライトしてみます。果たしてどうなることやら・・。

ドキドキ・・

下記オンラインショップで同様の機体をお求めいただけます。
UMX Waco BL BNF Basic ラジコン飛行機(オンラインショップ)

Horizon Hobby Sport Cub S BNF with SAFE(オンラインショップ) 


Follow me!