【作ってみた】アオシマ 1/48リモコンAFV戦車シリーズ

プラモデル・・作った後は飾って愛でておしまい。
まあ、その過程が楽しいわけでして、間違ってはいないと思います。
ですが、作った後に遊べるプラモデルもあるんです。
今日は、そんなプラモデルをご紹介。

アオシマから発売中の、「1/48スケールリモコンAFVシリーズ」です。
人気戦車がラインナップされており、その中から今日はエイブラムズを作ってみます。
実は、私。記憶をたどると、最初に作ったプラモデルってこのシリーズだった気がします。
父と一緒に作った覚えがあります。懐かしいですねぇ・・。

さて、開封・・。

1/48スケールのプラモデルランナーと、操作部のランナー。
駆動部は完成済みなので、お手軽ですね。
このキット製作に必要なのは、小型プラスドライバー、ニッパー&ヤスリ、
プラモデル接着剤。あとはお好みで塗料等となります。

早速製作してみます。

まずは 操作装置から製作してゆきます。


流石に国産品なので、はめあわせ等も特に追加加工は不要。問題ありませんね。


プリント基板部分も配線完成済み。電池の搭載金具に説明書通りに結ぶだけです。
これならお子様でも大丈夫そうです。


あっというまに操作部が完成。
・・各種トリム・・スイッチ・・これは全てダミー(笑)

さて・・戦車部分の組立に入ります。


メインフレームに完成済みの駆動部を搭載。モーターに説明書通りに配線をします。
この時点で操作して予定どおり動くか確認したほうがいいと思います。
ギヤBOXは完成済みですが、グリスアップは忘れないように・・。


各車輪は、ポリキャップにて固定する方式。組立も簡単だし外れにくいのがいいですね。


はい。シャーシ完成しました。ここまではミニ四駆作っている感覚ですね。

さて。ここからはプラモデル的な行程となります。

接着剤は、プラモデル専用品を御用意いただいたほうが良いかと思います。

部品点数もさほど多くないので、サクサク組立られます。

で、ここで、ちょっと味付けを・・。

簡単に部分塗装をしてみたいと思います。

筆塗りの水性塗料等でも問題ないですが、お子様等と製作される場合はこちらが良いかと。
「ガンダムマーカー」発色も良く、マーカーなので塗りやすいです。
塗料をこぼす心配もありませんね♪


この機銃を・・。


さくさく・・と塗装。ガンダムマーカーは乾燥も早いのでオススメです。


あとは各部のスミ入れとして、今回はガンダムマーカースミイレペンを使用。
こちらもお手軽にスミ入れ作業できますのでオススメです。
車両色にあわせて、グレー、ブラウン、ブラックがございます。


そんなこんなで、サクサクっと完成。ボディとシャーシの接合部分にもポリキャップオスが。
何度も開け閉めできるようになっているのは、組間違いや後々の改造などの際に、
大変ありがたい設計ですね。


水貼りステッカーも付属します。通常のプラモデル用の水貼りステッカー同様です。


洒落がきいているのが、メーターパネルの水貼りシールまであること。笑。
常に電圧0なんですが・・笑。雰囲気ですね。雰囲気・・・。


いっきにプロポらしくなった。笑

そんなこんなで完成です♪


プラモデルとして見ても、当然出来はいい気がします。
塗装ももっとやりこめば、一段と見栄えが良くなるでしょう。


残念ながら、砲塔はリモコンで旋回しませんが、立派に走行します。
そうそう・・こんな感じだったなあ・・。懐かしい。

店頭では、各種モデル販売中です。近々追加モデルも入荷予定。
アオシマ リモコンAFVシリーズラインナップ」はこちらから。

お値段もお手頃価格となっております。

是非、お子様やお孫さんと一緒に作って遊ばれてみてはいかがでしょうか?

当店体験スペースにて、お試しいただけます!

是非お買い求めください♪

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。