「作ってみた」アオシマ 楽プラ スズキハスラー 

スケールプラモデルはどうしても敷居が高く感じがち。
「綺麗に作って部屋のインテリアにしたい・・。」
しかし組立や塗装、ステッカー貼り。一連の作業内容が難しく感じます。
スケールモデルはそれが楽しいのではありますが・・。

もっとお気軽にスケールモデルを楽しみたい。
そんな趣向から、各社工夫を凝らした商品が最近では発売されています。

今回その中から ”アオシマ 楽プラシリーズ スズキハスラー”を組み立ててみました。

このキットは対象年齢10歳以上。
接着塗装不要で、簡単にスケールプラモデルが完成できるという商品。
お値段もお手頃です。

さて・・。

早速開封、説明書も大きい文字で親切丁寧。
必要な工具は部品を切り取るニッパー、ステッカー類を貼るピンセット。
そしてなぜか爪楊枝。笑

早速作ってみます。

貼る前はこの状態・・果たして本当に簡単に仕上がるのか・・。

通常スケールモデルのステッカーはいわゆる水貼りタイプが主流。
ですが、このモデルは一般的なステッカーで、しかもカット済み。
それをピンセットで取って貼ってゆきます。

カット済みなのがうれしいですね。
細かいシールもありますのでピンセットはやはり必需。


大まかに位置を合わせて、各部を爪楊枝等で押してなじませる感じで・・。


私は耳かき綿棒を使って貼っていきました。
重いほか曲面にもなじんで貼っていけるので、貼りやすかったです。
イメージとしてはラジコンのボディステッカーに近い感じ?
ただ、ひっぱると切れやすいので注意です。


面白い構造だったのが内装パーツ。なんと一体成形です。
最初は見開き状態?となっており、そこにステッカーを貼って部品を組み込む。

そして、各部を曲げて箱形にしてシャーシに合体。

こんな感じで、シャーシはあっという間に完成。
ステッカーを貼っている時間のほうが長い感じですね。(笑)

そしてボディとドッキングしたら完成。

お~。一切塗装なしでこれだけ良くなれば言うことはないですね。
これだけ手頃にできあがるのはとてもいいですね。

是非こちらの商品でプラモデル作り入門をしてみてはいかがでしょう?


完成品を店内に展示中です。

こちらのシリーズは現在2車種4色が発売中。

<発売中>
・スズキ ハスラー(フェニックスレッドパール)<今回製作のモデル>
・スズキ ハスラー(キャンディピンクメタリック)
・トヨタ プリウス(エモーショナルレッド)
・トヨタ プリウス(スーパーホワイトⅡ)

<3月発売予定>
・トヨタ 86(オレンジメタリック)
・トヨタ 86(クリスタルホワイトパール)

各定価1,500円(税別)

当店では他にも各種の入門用プラモデルを各種取り揃えております。

お気軽にスタッフまでご相談ください!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。